家庭園芸
Home Horticulture

Last update:20.06.2017

四国遍路  ウォーキング&登山  旅&ドライブ  談話室  リンク  趣味の欄

トップページに戻る It returns to the top page.

草花  ■樹木    ■その他 


草花:プランター、植木鉢などで育てているものが主体です

タイトル ひにち

概       要

ポーチュラカ、メランポジウム定植 17.06.20 6/15に買っていたポーチュラカの苗を大形丸形プランターx3に定植しました。これで予定していた夏花の苗植えは完了です。なお、てんとう生えのメランポジウムの苗も大きくなったので、プランターx2に定植しました。
朝顔、小形ひまわりの芽、移植 17.06.13 朝顔は30センチ鉢に移植し、小形ひまわりはプランターに移植しました。朝顔は蔓の穂先を止めてこぶりに仕上げると妻が言っていますが、うまく行くかな(?)
メランポジウム、大葉、トレニアの芽移植 17.06.04 メランポジウム、大葉、トレニア、それぞれ庭にてんとう生えしていた芽をビニールポットに移植しました。苗に育ったらご近所に差し上げようと思っています。
水肥やり 17.06.01 植木鉢、プランター植えに水肥をやりました。水肥はそれぞれ花用はタケダ園芸製「花工場」、ラン類はハイポネックス製「洋ラン用液」、観葉植物はkkハイポネックス製「観葉植物液」をそれぞれ1000倍に薄めたものを使っています。
メランポジウムの芽、移植 17.05.29 てんとう生えのメランポジウムの芽をビニールポットに移植しました。大きくなったらご近所にあげたり自家で使ったりします。
ブルースターの芽の移植 17.05.25 ブルースターの芽が大分大きくなったので、苗育成用ポットに1株ずつ移植しました。苗に育ったらご近所に差し上げようと思っています。
朝顔、ひまわりの種蒔き 17.05.22 自家製の朝顔の種と入手した青色朝顔の種、そして入手した小形ひまわり、矮星のひまわりの種をそれぞれビニールポットに種蒔きしました。苗に育ったらご近所に差し上げようと思っています。
夏花の苗植え 17.05.21 JA直販店で買ったイソトマx6、メランポジウムx6、それから行橋花店で買ったインパチェンスx9、日々草x9、マリーゴールドx9、を12プランターに植え込みました。ポーチュラカはもう少し経って植えようと思います。
サルビア苗植え 17.05.08 夏野菜の苗買いに行ったついでに立派なサルビアの苗があったので、買いプランターx2に植えました。ほかの花はもう少し経ってから買いに行きます。
水肥やり 17.04.30 植木鉢、プランター植えに水肥をやりました。水肥はそれぞれ花用はタケダ園芸製「花工場」、ラン類はハイポネックス製「洋ラン用液」、観葉植物はkkハイポネックス製「観葉植物液」をそれぞれ1000倍に薄めたものを使っています。
ナスタチウム植え替え 17.04.25 越冬したナスタチウムの株を新しい土を入れたプランターに植え替えました。すぐ花が咲き始めましたので、株を太らせるため、当分は蕾を摘み取ろうかなと思っています。
越冬ベコニア植え替え 17.04.23 越冬したプランター植えベコニアx6をリサイクルした土で植え替えしました。去年は昨秋に植えたものはそのまま育てましたが、今年は全部植え替えました。
ブルースター種蒔き 17.03.23 数年ぶりに採ったブルースターの花の種を、平鉢に蒔きました。大きくなったら苗育成用ポットに1株ずつ移植します。沢山苗が出来たらご近所にあげようと思っています。
クリスマスローズ手入れ 17.03.14 花が咲き始めました。日光が当たるように古い葉を切除しました。蕾の茎が段々伸びてきて次々に開花し始めます。
花プランターに水肥やり 17.01.31 寒い中でもビオラやプリムラが頑張って色鮮やかな美しい花を咲かせてくれています。今日は久しぶりに晴天になったので、水肥をやりました。水肥はタケダ園芸製「花工場」を1000倍に薄めたものを使っています。
室内置きの観葉植物へ水肥やり 16.12.18 植木鉢植えの観葉植物の葉の色が悪いものがあったので、水肥をやりました。水肥はkkハイポネックス製「観葉植物液」をそれぞれ1000倍に薄めたものを使っています。
春花の苗植えU 16.12.17 花店に苗買いに行き、ビオラとプリムラを買いました。ビオラの苗x28株は、プランターx8と大型の丸形プランターx1にそれぞれ植え付けました。プリムラは丸型プランター3個に植えました。1週間くらいしたら油粕を施肥しようと思っています。これで春花の苗植え付けは終わりました。
観葉植物移植 16.12.05 プリムラを植えていた丸形プランターにつゆ草のようなもの(セブリナ・ペンゼラ)と観葉植物(名称不明)の支枝を挿していたら根が付きました。前者が9本、後者が4本、それぞれビニールポットに移植しました。妻の友達にあげようと思います。
金せん花の苗、ビニールポットに移植 16.11.17 苗育成用ポットに1株ずつ移植したものがなかなか育たなかったので、よく見ると貝殻虫が着いていました。たびたび指で潰してそれがようやく大きくなったので、ビニールポットに14株だけ植え替えました。後はもう少し大きくなって植え替えます。
ナデシコ苗植え 16.11.05 10/08に植えていたナデシコの内、紫色のナデシコが根腐れを起こして枯れたので、ja直販店で買い直して植えました。
さくら草、忘れな草植え 16.11.02 庭に出ていたてんとう生えのさくら草、忘れな草をプランターにそれぞれ植えました。苗でないので、少し成長が遅いと思われます。
水仙の球根植え 16.10.30 掘り起こして保管していた黄花の水仙球根をスナップエンドウの隣に植えました。球根の残りは前の空き地に植えました。
芍薬切除&ローズマリー一部切り取り 16.10.20 2株ある芍薬の葉が枯れたので、切除しました。
ブロック塀のコーナーに植えているローズマリーが巨大化して芍薬に覆い被さりだしたので、被さった方を幹のライン近くまで切り取り更に根元から樹高の半分くらいまで枝切りしました。これですっきりなりました。
ストックの苗植え 16.10.13 JA直販店に勝山ネギを買いに行ったついでにストックx9の苗を買ってきました。そしてそれぞれプランターx3に植えました。
花観賞用イチゴの植え替え 16.10.10 長さ30pくらいのプランターに植えていた観賞用イチゴが根詰まりしていたので、植え替えました。同時にランナーが数本出ていたので、株のところで切ってビニールポットに植えました。活着したら自由市場に出して皆さんに持ち帰ってもらおうと思っています。
春花の苗植え 16.10.08 花店に苗買いに行き、ベコニアx9、金魚草x9、ナデシコx9の苗を買ってきました。そしてそれぞれプランターx3に植えました。ストックは苗がなかったので、後日買って植えます。1週間くらいしたら油粕を施肥しようと思っています。
金セン花の芽、移植 16.10.06 9/16種蒔きしたものが大分大きくなったので、苗育成用マルチポットに1株ずつ移植しました。更に大きくなったらビニールポットに植え替えます。61株植えました。
シャコバサボテンの芽摘み 16.09.17 9鉢あるシャコバサボテンの新芽を少し遅れましたが摘みました。9月一杯出てきた新芽を摘んでやり、水やりも7〜10日置きくらいに給水を制限してやります。そうすると花芽が付きます。毎年同じころ作業していますが、花付きが良い時と悪い時があります。
摘み取った穂先は何時も捨てていましたが、今年はビニールポットx10に一握りずつ挿し芽しました。発根したら家前の自由市場に出して持ち帰ってもらいます。
金せん花の種蒔きU 16.09.16 9/06に種蒔きしたものが、発芽が思わしくなく、ご近所にあげる苗が出来そうになかったので、余った種を再度平鉢に蒔きました。これで十分な苗を作ることが出来ます。
水肥やり 16.09.10 植木鉢、プランター植えに水肥をやりました。水肥はそれぞれ花用はタケダ園芸製「花工場」、ラン類はハイポネックス製「洋ラン用液」、観葉植物はkkハイポネックス製「観葉植物液」をそれぞれ1000倍に薄めたものを使っています。なお、ランの中でデンドロデウムは7月末で肥料止めのため、やっていません。
金せん花の種蒔き 16.09.06 今年も今春に家で採った金せん花の種を、平鉢に蒔きました。大きくなったら苗育成用ポットに1株ずつ移植します。遅いと育ちが悪くなるので、早目にしました。沢山苗が出来たらご近所にあげようと思っています。
挿し芽したもの植え替え 16.07.28 挿し芽用用土を入れた平鉢に差していたものの内、都わすれ、ブライダルブーケ、ローズマリー、チェリーセージ、アップルミント、黄梅をビニールポットに移植しました。根付いたら自由市場に出して持ち帰ってもらいます。
水肥やり 16.07.28 植木鉢、プランター植えに水肥をやりました。水肥はそれぞれ花用はタケダ園芸製「花工場」、ラン類はハイポネックス製「洋ラン用液」、観葉植物はkkハイポネックス製「観葉植物液」をそれぞれ1000倍に薄めたものを使っています。
ポーチュラカの苗植え 16.06.28 前日植物園で買ったポーチュラカの苗x12を丸形プランターx3に植えました。苗はあまり良くなかったですが、ポーチュラカは挿し芽しても付くくらいですから直ぐ良くなると思います。
水肥やり 16.06.19 植木鉢、プランター植えに水肥をやりました。水肥はそれぞれ花用はタケダ園芸製「花工場」、ラン類はハイポネックス製「洋ラン用液」、観葉植物はkkハイポネックス製「観葉植物液」をそれぞれ1000倍に薄めたものを使っています。
花の鉢植え植え替え 16.06.08 カリブリコア、ブライダルブーケ、観賞用イチゴの植え替えをしました。いずれも根が回って水はけが悪くなったので、植え替えました。これで元気を取り戻してくれるでしょう。
ストレプトカーパス挿し芽植え替え 16.05.31 4/25,親株を植え替えた時、剪定で切り捨てた枝の一部を挿し芽していたら、5株付いたので、ビニールポットに植え替えました。ご近所にあげます。これはなかなか人気の種類のものですよ。
夏花の苗植えU 16.05.30 5/29,植物園に夏花の苗を買いに行くと、日曜日からか、雨の日というのに沢山のお客が来ていました。ベコニアx6、マリーゴールドx9、日々草苗x3を6プランターに植え込みました。ポーチュラカはもう少し経って植えようと思います。
シクラメン植え替え 16.05.22 3鉢ある内、1鉢植え替えました。自動給水式の鉢が壊れたので、新品に植え替えました。このシクラメン(名前不明)は珍しく花に匂いがするのです。花も沢山出て楽しませてくれました。これからも大事に育てようと思っています。
夏花の苗植え 16.05.11 5/9にJA直販店で買ったサルビアx6、メランポジウムx6、それから自家製のナスタチウムx6を6プランターに植え込みました。他の花は春花がまだ開花中なので、それらが終わってから植えようと思います。
水肥やり 16.05.01 植木鉢、プランター植えに水肥をやりました。水肥はそれぞれ花用はタケダ園芸製「花工場」、ラン類はハイポネックス製「洋ラン用液」、観葉植物はkkハイポネックス製「観葉植物液」をそれぞれ1000倍に薄めたものを使っています。
ストレプトカーパス植え替え 16.04.25 ベランダに出していたストレプトカーパスx1鉢を植え替えました。草花はすぐ根が回るので、毎年植え替える必要があります。なお、1鉢は枯れました。今冬は玄関に置いていたのが寒さでやられたようです。
ナスタチウムの芽移植 16.04.23 昨秋採種していたナスタチウムの種をプランターに蒔いていたものが発芽して大分大きくなったので、22株を抜いてビニールポットに移植しました。大きくなったらご近所に差し上げようと思います。
シャコバサボテン戸外出し 16.04.22 越冬のため玄関の土間に取り込んでいたシャコバサボテンを外のベランダに出しました。もう少し気温上昇したら肥料をやりたいと思います。
越冬ベコニア植え替え 16.04.18 越冬したプランター植えベコニアx6の内、古い3プランター分をリサイクルした土で植え替えしました。残りの3プランター分は昨秋に植えたので、そのまま育てます。
ナスタチウムの種蒔き 16.04.02 昨秋採ったナスタチウムの種をプランターx2に蒔きました。ナスタチウムは発芽率が良く簡単に芽を出させることが出来ます。
さぎ草植え替え 16.03.22 2012年、妻の友達からもらった鉢植えさぎ草を植え替えました。鉢の水苔から球根を取り出しました。球根の小さなものは別に分け大きな球根と小さな球根毎に鉢に植え替えました。植木鉢x3に植えました。昨年に続いてネットで推奨してあった水苔のみで植えました。昨年の成果は抜群でした。
春花に水肥やり 16.03.10 2/10以来、植木鉢、プランター植えにしている春花に水肥をやりました。春花の苗は寒いなりに大分大きくなり、続けて肥料をやって木を丈夫に育てて春に花付きを良くするためです。水肥は花用はタケダ園芸製「花工場」を1000倍に薄めたものを使っています。
クリスマスローズ手入れ 16.02.11 株元に蕾が顔を出してきました。中には花が咲き始めたものもあります。日光が当たるように古い葉を切除しました。蕾の茎が段々伸びてきて開花し始めます。
春花に水肥やり 16.02.10 快晴に恵まれたので、植木鉢、プランター植えにしている春花に水肥をやりました。春花の苗は寒さのため、あまり大きくなっていませんが、今の内に肥料をやって木を丈夫に育てて春に花付きを良くするためです。水肥は花用はタケダ園芸製「花工場」を1000倍に薄めたものを使っています。



樹木:庭木、植木鉢の木です

タイトル ひにち

概       要

梅の実ちぎり 17.06.12 白梅の実が一部は色付き始め、よく落果するのでちぎりました。今年は15.4kgでした。昨年は19.4kg採れました。ちぎった実は、2,3日置いて熟らせて、妻が梅干漬けにしました。写真はコチラ
南天、万両剪定 17.06.06 南天、万両とも庭の2カ所に植わっています。南天は株から毎年新枝が竹の子のように出ます。それで古い枝を切って間を開けます。切った枝は竹の代わりに野菜の支柱に流用します。
万両は実がなるとその先がまた伸びて来年そこに実がなります。そのようにしてどんどん伸びるので、何年に一回、下の方まで切り下げて背丈を低くします。
庭木剪定 17.06.04 白梅、紅梅、銀モクセイ、ツツジ、サツキの剪定をしました。ツツジ、サツキは妻がやってくれました。最近は妻が剪定に加わってくれるので、助かります。
シャクナゲ穂先、挿し木 17.05.18 シャクナゲ穂先を入手しました。鋭敏なナイフで切り口を切断し、ルートン(発芽促進剤)を塗布して種蒔き専用用土に挿し木しました。活着するといいのですが・・・。
鉢植え、植え替え 17.05.06
17.05.07
17.05.08
・2015年に植え替えた鉢植え(椿x3,山モモ、アジサイx3)が2年経ちましたので、植え替えました。雑木は根が直ぐ回ります。植え替えた年を名札に書いて差しておいたら次に植え替える時期が分かってとても便利です。
・5/6に続いて5/7にアジサイx7を植え替えました。
・5/7に続いて5/8にアジサイx6、クリスマスローズを植え替えました。アジサイは16鉢植え替えましたが、妻が好きなため、ドンドン増えてしまいました。少し減らす必要があると考えています。
鉢植えキリシマ、ミセバヤ植え替え 17.05.05 キリシマは親が枯れて挿し木していた内の2本が今年花を付けました。ビニールポットに植えていたので、植木鉢に植え替えました。
ミセバヤは2鉢の内、1鉢が勢いがなくなったので、植え替えました。秋には花が付いて葉っぱが紅葉するので、見掛けによらずなかなか楽しませてくれますよ。
雪柳剪定 17.04.25 花が終わったので、剪定しました。雪柳は新しい枝に花芽が付くので、大幅に切り込みます。特に今年は古株は全部根元から切除し、去年の株も深く切り込みました。
梅の実、摘果 17.04.22 今年も白梅が早く開花し、虫が飛ぶ前でしたので、交配が悪いかなと思っていました。ところが実が結構付き間引かないと実が小さくなるので、摘果しました。実が大きくなったらもう一度摘果する必要があるかも知れません。写真はコチラ
白梅の剪定
紅梅の剪定U
17.04.09 白梅、紅梅とも50%くらい剪定していたので、今日両方共剪定を続けて終わらせました。
白梅は道路を隔てた更地が新築工事が始まって道路上にトラックが行ききするので、脚立が使えず、工事の御休みの日を待っていました。
一方、紅梅の方は剪定を強く切り込んで樹高を抑えるようにするのと隣に枝が飛び出さないように配慮して切り込みました。
鉢植え花木の手入れ 17.04.03 椿、アジサイ、ノボタンなど、樹高を低くしてずんぐりに仕上げたいです。穂先を切り下げ先端に融合剤を塗布しました。支枝を伸ばして樹形を整えるのに2,3年はかかるでしょうね。
白梅の剪定
紅梅の剪定
17.04.01
17.04.03
・花が終わったので、剪定を開始しました。枝が混んだ部分を思い切り切ります。半分終わったところで今日はこれで終わりとしました。 寒い時期に開花して虫の飛来も少なかったので、結実率が落ちたかなと思いきや結構実が付いていました。
・3日は紅梅の剪定をしました。紅梅は昨年大幅な剪定をしました。樹高を低くしたいので、今年は部分的に株に小枝がある枝はそこまで切り下げて低く仕上げたいと思っています。今日は途中で終わりました。
花木の寒肥入れ 17.03.19 先日、バラの寒肥入れを行って、今日、花木の寒肥入れをしました。紅、白の梅、石楠花、サザンカ、カイドウ、ユスラ梅、ライラック、椿にそれぞれ寒肥入れをしました。肥料は鶏糞、燐酸・カリ肥料、苦土石灰、化学肥料をやりました。施肥の方法は木の周囲を深さ20cmの溝を掘りその中に肥料をばら撒きスコップで土と十分混ぜ合わせた後、土を被せ踏みならします。時期になると、綺麗な花を咲かせてくれます。
八重桜と河津桜の接ぎ木 17.02.11 16.01,2回目の接ぎ木をしたのですが、又失敗しました。原因は方法がまずかったのかなと思いました。
3度目の挑戦です。妻からもう止めたらと言われましたがやることにしました。庭で育てている山桜の苗木、10本を使って近所にある八重桜の小枝と今川にある河津桜の小枝をそれぞれ切って来て接木用穂木にしました。今年は初めての方法を採用しました。
まず適当な大きさの苗木10本を用意し、根元から10pくらい直径4oの所で切っておきます。一方、桜の穂木は2,3芽付け,直径4oの所で切ります。
鋭敏な工作用ナイフで苗木を今回は1pくらいの深さまで縦割りして、穂木はクサビ状に削って融合剤を塗った後、クサビ部を2つ割りの割れ目に挿し込んでビニール紐でしっかり結びます。6x6pに切った薄いビニールシートを接ぎ部を中心にしてグルグル巻きし、両端にビニールテープを巻いて固定します。
最後に接ぎ木したものにビニール袋を被せて裾をビニール紐で縛って乾燥を防ぎます。これで完了です。5本ずつ接ぎ木したのですが、つながってくれると良いのですが・・・。春が楽しみです。
モミジの剪定 17.01.31 実生から育てた庭のモミジは自然樹形で育てています。7月に剪定しましたが、更に冬期の休眠期に枝を間引いて隙間を広くしようと剪定しました。思い切って下の方から中央の大枝を、中間くらいの中枝を2本、その他支枝を多く切除しました。少し切り過ぎたかも知れません。
松の葉摘み 16.11.7
16.11.12
16.11.15
16.11.16
16.11.17
2本ある松の内、ダルマ石横の松の葉摘みを妻と2人で始めました。葉摘みを古葉を落とし新しい芯を1〜2本残して他は切り落します。この作業を全部の枝にしなければならないので、大変な作業となります。ダルマ石横の松は11/16に全完しました。
玄関側の松は11/17に終わらせました。これで松の葉摘みは全て完了、これが終わるとホッとします。
芝生刈りU 16.10.17 10/12に続いて今度は勝手口側の芝生を刈りました。こちらは芝生の中に5コの跳び石があり、人の通る頻度が多いので、芝生がねていて刈るのに手間が掛ります。これで芝刈りは来春までしなくて済みます。
芝生刈り 16.10.12 子供部屋の前の芝生が伸びたので、10/11,刈りました。ご近所様の迷惑にならないように電動芝刈り機は止めて大型剪定鋏で刈りました。続けて10/12,玄関前の分も刈りました。残り勝手口側の芝生も近々刈る予定です。
挿し木したもの、移植U 16.10.10 挿し木している大型花の椿、ミヤマシリシマ、ワビスケ(白花)をビニールポットに移植しました。シャクナゲは残念ながら発根してなく失敗でした。来年再挑戦します。
挿し木したもの、移植 16.09.21 挿し木しているものの内、チェリーセイジ(ハーブ)、黄梅をビニールポットに移植しました。後日自由市場に出して皆さんに持ち帰ってもらおうと思っています。
ライラックの木、切り倒し 16.09.20 ダルマ石の横に植えているライラックが今夏からおかしくなりとうとう枯れてしまいました。札幌時代に公園で助長芽を採取して庭で育てていた木でもう21年になります。根元の近くで切りました。幸いなことに周囲から助長芽が何本か出ているので、これらを育てようと思っています。
イブキの剪定 16.09.08 助長枝が伸びたので、剪定しました。外壁に沿って植えている10本のイブキを模様木に仕立てています。選定前に木の下にブルーシートを敷くと後片付けが楽に済みます。丸く仕立てるのはバリカン式の芝刈り機で刈っています。
モミジの剪定 16.07.19 実生から育てた庭のモミジは自然樹形で育てています。成長が早く先端部の枝先が伸びて混んできたので、枝先の切ったり枝を間引いて間が適当に空くように剪定しました。更に冬期の休眠期に枝を間引いて隙間を広くしようと思っています。
松の盆栽芽摘みほか 16.07.18 6/26に植え替えた松の芽摘みをしました。どちらも4,5p丈くらいの芽を育ててもうそろそろ針金で形作りをしないとと思っています。ついでに2鉢あるアメリカンブルーの内の1つを植え替え7鉢に株分けしました。自由市場に出して持ち帰ってもらいます。
松の芽摘み 16.07.15
,16
気になっていた作業で、私が芝刈りしている間に妻がダルマ石横の松の芽摘みを始めました。
次の日、夫婦協業でダルマ石横の松の芽摘みをしました。続けて玄関側の松(2本目)を芽摘み作業をし、順調にはかどり1日で終わらせてしまいました。お陰でクタクタになりました。
芽摘みは普通芽の根本から切除するのですが、ある程度枝を伸ばしたい時は芽の途中から切れば長くなります。グーンと伸ばしたい時は芽を摘まずにそのまま残します。芽摘みを7月中旬から下旬に行うと松葉が短く仕上がり、見た目に綺麗に見えます。
芝生刈り 16.07.15 数日前に妻が勝手口側の芝生と玄関前の芝生を刈ってくれました。次の日、私が子供部屋の前の芝生を刈りました。直射日光を避けて早朝作業しましたので、ご近所様の迷惑にならないように電動芝刈り機は止めて大型剪定鋏で刈りました。
台木用山桜の植え替え 16.07.04 15年から2回続けて山桜を台木にして八重桜の接ぎ木をしました。然し2回共失敗しました。来年再度挑戦してみたく、台木の山桜が目詰まりを起こしたので、1つ大き目のビニールポットに植え替えました。この台木で続けて接ぎ木してみようと思います。
松の盆栽植え替え 16.06.26 水道山で採取した松の芽x2を鉢に植えて盆栽にしたものが根が回ったので、植え替えました。唯、盆栽と言ってもまだ針金掛けして形に仕立てていません。大分大きくなったので、そろそろとは思っています。
庭木剪定 16.06.11 白梅、紅梅、ヨドガワx3、サツキx7、銀モクセイ、カイドウ、玉ツゲx4の剪定をしました。梅の実ちぎりのついでに剪定しました。前日久住登山したばかりだったので、少々バテました。
梅の実ちぎり 16.06.11 白梅の実が一部は色付き始め、よく落果するのでちぎりました。今年は19.4kgでした。昨年は24.2kg採れ、新記録を作りました。ちぎった実は、2,3日置いて熟らせて、妻が梅干漬けにしました。なお、4kgくらいは妻の友達に差し上げました。写真はコチラ
盆栽植え替え 16.06.01 2014年に植え替えた盆栽(ケヤキx3,もみじ、イチョウ、檜)が2年経ちましたので、植え替えました。雑木は根が直ぐ回ります。植え替えた年を名札に書いて差しておいたら次に植え替える時期が分かってとても便利です。
梅の実、摘果 16.04.24 今年も白梅が早く開花し、虫が飛ぶ前でしたので、交配が悪いかなと思っていました。ところが実がブドウ成りのびっしり付き間引かないと実が小さくなるので、摘果しました。実が大きくなったらもう一度摘果する必要があるかも知れません。写真はコチラ
白梅の剪定
紅梅の剪定
16.03.29
16.03.30
・花が終わったので、剪定しました。枝が混んだのと枝が成長して中枝となって茂ったので、鋸で切りました。小枝も随分増えていて1日かかりました。(>_<) 寒い時期に開花して虫の飛来も少なかったので、結実率が落ちたかなと思いきや結構実が付いていました。
・3/29に続いて30日は紅梅の剪定をしました。紅梅は昨年大幅な剪定をしましたので、軽めにしました。それでも右側に張り出た部分は小枝が混んでアブラムシの巣になるので、思い切って間を切りました。それからお隣の倉庫に近いため、境に出て来る枝も切除しました。
花木の寒肥入れ 16.03.15 午前中バラの寒肥入れを行って、続いて昼から花木の寒肥入れをしました。紅、白の梅、石楠花、サザンカ、カイドウ、ユスラ梅、ライラック、椿にそれぞれ寒肥入れをしました。肥料は鶏糞、燐酸・カリ肥料、苦土石灰、化学肥料をやりました。施肥の方法は木の周囲を深さ20cmの溝を掘りその中に肥料をばら撒きスコップで土と十分混ぜ合わせた後、土を被せ踏みならします。時期になると、綺麗な花を咲かせてくれます。
モミジの剪定 16.02.11 モミジは自然樹形で育てています。成長が早く先端部の枝が混んできたので、枝を間引いて間が適当に空くように剪定しました。剪定する枝は活きよいのある太い枝を小さ目の枝との分岐部まで戻して切除します。先端で切るとそこから多数の枝が出て又混み合うし樹形が乱れるので、切除の仕方に注意が必要です。
八重桜と河津桜の接ぎ木 16.01.04 15.3/5に八重桜の接ぎ木をしたのですが、失敗しました。原因は時期が遅かったこと、方法がまずかったことでした。
再度の挑戦です。庭で育てている山桜の苗木、10本を使って近所にある八重桜の小枝と今川にある河津桜それぞれ切って来て接木しました。適当な大きさの苗木10本を用意し、根元から5pくらいに切り下げておきます。一方、八重桜の小枝も5〜10pに切り詰めます。
鋭敏な工作用ナイフで苗木、小枝共斜めに削って融合剤を塗って皮と木部の境を合わせた後、ビニール紐でしっかりグルグル巻きにきびって接合部を覆ってしまいます。紐をしっかり縛って接木作業は終わりです。
最後に接ぎ木したものにビニール袋を被せて裾をビニール紐で縛って乾燥を防ぎます。これで完了です。5本ずつ接ぎ木したのですが、つながってくれると良いのですが・・・。



:裏庭にある9平方m位の畑に植えた野菜類です

タイトル ひにち

概       要

トウガラシ定植 17.06.15 食用トウガラシの苗を畑の余地とプランターx3に定植しました。プランターで育てても結構大きくなりますよ。観賞用トウガラシは丸形プランターに定植しました。
ゴーヤ蔓穂先摘み 17.06.06 ネットで何気なくゴーヤの育て方を見ていたら、穂先を摘んだらいいことを知りました。本葉4,5枚になったら蔓の穂先を摘んで脇芽を育てると実成りが良くなるとのことです。早速、実行しました。良い結果になるといいのですが・・・。
トマトの手やり 17.05.29 トマトは5本の人造竹を挿し込み竹でハイカイに組んで手として固定しました。トマトは木が大きくなって台風の影響を受け易いので、頑丈な手にする必要があります。
トウガラシ類芽の移植 17.05.25 食用トウガラシ、2種の種蒔きしたものが芽が大分大きくなったので、苗育成用ポットに2株ずつ移植しました。これで苗として育成してプランターや鉢に本植えします。なお、観賞用コショウ2種(赤と黄トウガラシ)は芽も苗育成用ポットに移植しました。
・青シソ、初雪草の芽、植え
・大根間引き
17.05.24 ・畑の隅に発芽した青シソと初雪草をビニールポットに移植しました。苗に育ったらご近所に差し上げようと思っています。
・何時も時無し大根は害虫被害甚大でしたので、今年は初めて虫避けの網で覆いました。今の所、被害は出ていません。2回目の間引きをしました。
・キウリ、モロッコ豆の手やり
・ゴーヤ棚組み立て
17.05.22
17.05.23
・キウリの蔓が大分伸びましたので、手をやりました。2010年から市販の先端に蝶番付いた2本組ビニール棒(1.8m長)を3本使いました。蝶番部に横棒はめ込み、ネットを張りました。簡単に出来、お奨めです。モロッコ豆は竹で枠に組んで市販の園芸用網を張ってそれに這わせます。
・去年、新しく作り替えたゴーヤ棚を4本の人造竹の縦柱にアルミ線で固定、4辺に竹製のハスカイで補強してアミを張って完成です。
トマト、モロッコ豆植え 17.05.22 サニーレタス、ワケギを収穫し、跡地を耕した後、トマトとモロッコ豆を定植しました。これで夏野菜植えはすべて終わりました。
ゴーヤの苗植え 17.05.14 ゴーヤ苗x8をプランターx2と肥料袋に定植しました。今年はゴーヤの発芽が極端に悪く、3株購入しました。失敗の原因は種蒔き時期が早過ぎたためです。
さつまいも挿し 17.05.14 四日市・千財農園にあるバラ園に行って帰途、宇ノ島の市場でさつまいもの蔓x10本買いました。スナップエンドウの跡地に畝を作って準備していた畑に挿しました。品種は紅はるかで、もう3年目になります。甘くて美味しい芋です。
夏野菜、苗植え付け 17.05.08 JA直販店、植物園に行ってキウリ、トマト、オクラ、ズッキニー、落花生、ナス、フルーツトマトの苗を購入しました。キウリx6、オクラx3は畑に定植、ナスx1、フルーツトマトx1はそれぞれ尺鉢に、ズッキニーx1、落花生x1はそれぞれ大型丸プランターに定植しました。なおトマトx3はワケギ、サニーレタスがまだ植わっているので、それらが収穫されてから定植します。パブリカは両店で売り切れていましたので、後日手に入れます。
スナップエンドウ撤去&畑耕し 17.05.05 スナップエンドウが終わったので、撤去しました。その跡地を耕しさつまいもを挿すため、畝を作って準備しました。
カボチャの種蒔き 17.05.04 去年、上毛町での森林ボランティアの時、妻が地元でカボチャを貰いました。その種を採っていたのをビニールポットに蒔きました。苗に育ったら皆さんに提供しようと思っています。
時無し大根の種蒔き 17.04.27 時無し大根の種を畑に蒔きました。時無し大根は蝶の活動期に成長するため、青虫にやられます。対策として5/3に竹で枠を立てて透明防虫網を掛けました。
畑耕し 17.04.24 ワケギ、ほうれん草、サニーレタスが残っていますが、それ以外の空地になっているところを耕しました。鶏糞、苦土石灰、米糠、腐葉土をばら蒔いてスコップで返しながら耕やしていきます。その後、平鍬で土を砕きながら平らにならし、溝を切って畝にします。残りは収穫後、耕します。
モロッコ豆とトウモロコシ種蒔き 17.04.22 モロッコ豆とトウモロコシの種を育成用ビニールポットに蒔きました。インゲンは畑に直蒔きすると芽を虫に食べられていたので、数年前から上記のように苗を作った上で畑に移植するとうまく行ったので、モロッコ豆もそのようにしています。なお、インゲンは今年から植え付けを中止しました。
ゴーヤ&キウリ種蒔き 17.03.23 ゴーヤはここのところ、苗を購入して植え付けていたのですが、昨年に続いて採っていた種を前日水にかしていた種を角鉢に種蒔きしました。計63粒蒔きました。発芽率がどうなるか楽しみです。
昨年はキウリが大収穫だったので、数年ぶりに種を採りました。これを角鉢に種蒔きしました。沢山苗が出来たらご近所にあげようと思っています。
各種トウガラシ種蒔き 17.03.23 食用トウガラシ2種(短めと長めの物)、観賞用コショウ2種(赤と黄トウガラシ)の種蒔きをしました。昨年と同様に角鉢に種蒔きしました。少し早いかなと思いましたが、妻が食用トウガラシの収穫を早くしたいと言うので、蒔きました。
フルーツトマト撤去 16.11.22 4/28に夏野菜の苗買いのついでに初めてフルーツトマトの苗x1を買い尺鉢に植えました。これが実がなるはなるはそして木もどんどん伸びてまるでジャックと豆の木のようにとうとう屋根の高さまで伸びました。つい最近まであのアマーイ実もなりました。とうとう木が枯れたので、切り倒しました。来年も作ろうと思っています。
スナップエンドウの手やり 16.11.15 蔓が伸びたので竹で手をやろうと思い、保管していた枝付きの男竹を挿して手を設置しました。こうすると苗をヒヨ鳥に食べられるのを防ぐことも出来ます。
さつまいも収穫&
スナップエンドウ苗、定植
16.10.30 畑に10蔓のさつまいもを挿していたものを掘りました。お天気が良くなかったのといもつるを採り過ぎたからでしょうかいもの入りは今一でした。
同日、収穫した跡に畑を耕し、そこにポットで育てていたスナップエンドウ苗を定植しました。連作障害が出そうなので、石灰を何時もより多く蒔きました。効果が出るでしょうか、蔓が伸びたら竹で手をやろうと思います。
ワケギ畑に定植 16.10.25 夏野菜で最後まで植わっていた3本のオクラ(参:収穫総数78本)を切除し、耕してポット植えしていたワケギの苗9株を植えました。
畑にオルトランC粒肥やり 16.10.10 大分大きくなったホウレン草、春菊、水菜、小松菜、レタスのにオルトランC粒肥をまきました。ヨトウ虫防除のためです。ヨトウ虫は夜行性のため、捕まえて駆除するのが困難です。従って発生を防ぐのがベターです。
スナップエンドウポットへ種蒔き 16.10.06 今年もさつまいもの後に植える予定です。ポットに蒔いて暖かいところで芽出しさせて苗を育てて、さつまいもを掘った後に移植することにします。種の発芽は良かったです。
ゴーヤ棚撤去 16.10.02 ゴーヤは今年製作した人造竹製の棚に這わせました。台風18号が来そうなので、解体しました。網を活用しているので、骨組みだけすればいいので、簡単に作れ、又解体も楽です。今年は日照が続き収穫も少ないかなと思っていましたが、全部で94個も採れました。
ブロッコリー芽貰う 16.09.26 貰った5本の内、2本はプランター植えにし、残り3本はそれぞれビニールポットに植え或る程度大きくなったら自由市場に出して皆様に持ち帰ってもらおうと思っています。
アサツキ、ワケギ、プランター植え 16,09,24 アサツキは2月ころ新芽が大分大きくなって球根ごと掘り起こし、酢味噌あえにすると美味しいですよ。早春の味がします。
ワケギは9/06,ビニールポット植えしたものがありますが、皆様にあげる数が足りそうになかったので、自宅用としてプランター植えしました。
野菜の芽、洗浄 16.09.20 大雨続きで芽が出た秋野菜が土の跳ね返りで泥だらけになっていました。このままだと枯れたり病気になったりするので、軟らかなシャワーで葉っぱや根元に付いた泥を洗い流してやりました。
秋野菜の種蒔き 16.09.06 種を保管していたホウレン草、春菊、大根、水菜、小松菜、レタスの種蒔きをしました。まだオクラはなっていましたので、もうしばらく植えておきます。サツマイモも収穫前なので、スナップエンドウは、しばらく待つことにしました。ワケギはビニールポットに仮植えしました。畑が空き次第移植します。種蒔き注意点はココをクリック方。
野菜は筋植えしています。今回6種類筋蒔きした内容を記すことにします。昨年と同じです。
ホウレン草:4筋、春菊:3筋、大根:5筋、水菜:3筋、小松菜:4筋、レタス:4筋
トマト撤去 16.08.28 3本植えていたトマトを撤去しました。今年はガンガン照りだったにも関わらずトマトは68個も採れました。又、今年初めて植えたモロッコ豆も生りになりました。数年前から耕す時、米糠も混ぜているので、その効果かなと思っています。それにしても先日撤去したキウリx6本から何と168個も採れました。大ビックリです。
畑にケイフン追肥やり 16.07.02 畑や植え木鉢に植えているキュウリ、トマト、トウモロコシ、ナス、パブリカにケイフンを追肥としてやりました。ケイフンは安価な有機肥料でしかもバランスの良い肥料として有用です。
オクラの手やり 16.06.04 手やりをしたトマトの竹の枠に竹を注ぎ足してオクラ用のものを作りました。それに3本縦の竹を差して手やりしました。共通化したので、竹の組み方が簡単になりました。
食用トウガラシ定植 16.05.19 トウガラシの苗を畑の余地が無いので、プランターx4に定植しました。プランターで育てても結構大きくなりますよ。
・ゴーヤ棚組み立て、トマト、モロッコ豆の手やり
・トウモロコシ苗、畑に定植
16.05.18 ・新しく作り替えたゴーヤ棚を4本の人造竹の縦柱にアルミ線で固定、4辺に竹製のハスカイで補強してアミを張って完成です。トマトは竹を組んだ手で固定しました。モロッコ豆は竹で枠に組んで市販の園芸用網を張ってそれに這わせます。
・トウモロコシの苗は春柳の横に5本定植しました。トウモロコシは出来るだけ固めて植えた方が雄花粉が付き易いと言われています。私は雄花粉の穂を切って雌のひげに擦りつけて受粉させます。
さつまいも挿し 16.05.17 中津に行って帰途、宇ノ島の市場でさつまいもの蔓x10本買いました。スナップエンドウの跡地に畝を作って準備していた畑に挿しました。なお、品種は長年紅あずまでしたが、去年、たまたま品切れしていたので、紅はるかを買って植えたらそれが甘くて美味しい芋が採れました。よって今年も紅はるかを買いました。
トウガラシ類芽の移植 16.05.15 食用トウガラシ、観賞用コショウ2種(赤と黄トウガラシ)の種蒔きしたものが芽が大分大きくなったので、食用はビニールポットへ、観賞用は苗育成用マルチポットに1株ずつ移植しました。これで苗として育成してプランターや鉢に本植えします。
インゲンとモロッコ豆の苗、定植 16.05.11 ビニールポットに種蒔きしていた苗が大きくなったので、畑に定植しました。モロッコ豆は今年初めて植えました。上手く行くかどうか楽しみです。
キウリの手やり 16.05.08 キウリの蔓が大分伸びましたので、手をやりました。2010年から市販の先端に蝶番付いた2本組ビニール棒(1.8m長)を3本使いました。蝶番部に横棒はめ込み、ネットを張りました。簡単に出来、お奨めです。
ゴーヤ棚作り直し 16.05.05 毎年、竹で作っていた棚が昨年の台風で壊れてしまいましたので、園芸用人造竹を買ってきて電気ドリルで穴あけしてアルミ線で止めて棚を作りました。これで又5年や10年は使えると思います。
ゴーヤの芽、移植 16.04.29 ゴーヤの種蒔きしたものが芽が大分大きくなったので、ビニールポットに1株ずつ移植しました。それから自宅用は直接プランターx2、肥料袋に定植しました。苗として育成してご近所にあげます。
夏野菜、苗植え付け
夏野菜の種蒔き
16.04.28 友達の亡くなった奥様のお参りに行ったついでにJA直販店に寄ってキウリ、トマト、パブリカ、ナス、フルーツトマトの苗を購入しました。キウリx6、トマトx3は畑に定植、パブリカx1、ナスx1はそれぞれ尺鉢に定植しました。
又、時無し大根の種を畑に蒔きました。同時に今年初めてモロッコ豆をビニールポットに蒔きました。
トウガラシ類芽の移植 16.04.26 食用トウガラシ、2種の種蒔きしたものが芽が大分大きくなったので、苗育成用ポットに2株ずつ移植しました。これで苗として育成してプランターや鉢に本植えします。なお、観賞用コショウ2種(赤と黄トウガラシ)は芽が小さいので、もう少し大きくなって移植します。
インゲンとトウモロコシ種蒔き 16.04.22 インゲンとトウモロコシの種を育成用ビニールポットに蒔きました。インゲンは畑に直蒔きすると芽を虫に食べられていたので、数年前から上記のように苗を作った上で畑に移植するとうまく行ったので、そのようにしています。
畑耕しU 16.04.12 ワケギ、サニーレタスが残っていましたが、プランターに仮植えしてその空地になったところを耕しました。鶏糞、苦土石灰、米糠、腐葉土をばら蒔いてスコップで返しながら耕やしていきます。その後、平鍬で土を砕きながら平らにならし、溝を切って畝にします。これで全部耕し、春植えの野菜類を何時でも植えられるようにしました。
ジャンボ落花生種蒔き 16.04.02 6年前ジャンボ落花生の苗を買ってプランターに植えて育てたところ、大収穫でしたので、昨年に続いて今年も種に取っていた落花生を育成用ビニールポットに蒔きました。昨年より遅く蒔いたのは種に取っていた落花生の保管場所を忘れてヒョンなことで見付けだして急遽蒔きました。
畑耕し 16.03.28 ワケギ、ほうれん草、サニーレタスが残っていますが、それ以外の空地になっているところを耕しました。鶏糞、苦土石灰、米糠、腐葉土をばら蒔いてスコップで返しながら耕やしていきます。その後、平鍬で土を砕きながら平らにならし、溝を切って畝にします。残りは収穫後、耕します。
ゴーヤ種蒔き 16.03.23 ゴーヤはここのところ、苗を購入して植え付けていたのですが、昨年に続いて採っていた種を前日水にかしていた種を角鉢に種蒔きしました。計44粒蒔きました。発芽率がどうなるか楽しみです。
各種トウガラシ種蒔き 16.03.22 食用トウガラシ2種(短めと長めの物)、観賞用コショウ2種(赤と黄トウガラシ)の種蒔きをしました。昨年と同様に角鉢に種蒔きしました。少し早いかなと思いましたが、妻が食用トウガラシの収穫を早くしたいと言うので、蒔きました。そして簡易温室に入れました。



その他:上記以外の植物です

タイトル ひにち

概       要

コチョウラン植え替え 17.06.02 ボランティアグループの仲間からもらっていたコチョウランの花が終わったので、5/31,鉢から抜いて水苔や枯れ根などを外し3つの株にして陰干ししていました。それを1株ずつ新しい水苔を使って鉢植えしました。活着してくれるといいのですが。
セロジネ植え替え 17.05.31 素焼きの深鉢に植えたものを去年ボランティアグループの先輩からもらっていたのが10数本の真っ白な房咲きの花を咲かせ、それは見事な物でした。今年、植え替えた方がいいよといわれたので、鉢から抜こうとしましたが、抜けません。とうとう鉢が割れました。(>_<) 数ブロックに分割して大小4つの鉢に植え替えました。来年は咲かないでしょうね。
・ポトス植え替え
・ラン、植木鉢植えに固形肥やり
17.05.02 ・今冬はビニールシートで覆った花棚に入れて越冬したポトスx3が例年になく傷んでいました。蔓が伸び過ぎた株は切り詰め新しい土に短く切った蔓を4本ずつ植えました。
切り落とした蔓は再利用し、新しい土に短く切った蔓を4本ずつ挿しました。しばらくすると根が出て新しい芽が伸びてきます。
・固形肥をデンドロデウム、カトレア、シンピジウム、セロジネ、ギンギアナにやりました。ついでに続けて盆栽や鉢植えの花木にもやりました。
バラの消毒 17.04.24 黒点病予防のため、「サプロール乳剤」(住友化学園芸製)を使って木本体と根元の周囲の土に散布しました。
・デンドロデウム、カトレア戸外出し
・シャコバサボテン戸外出し
17.04.19 ・玄関の土間と子供部屋に取り込んでいたデンドロデウムをイブキに横棒を渡し、デンドロデウムx13鉢を吊るしました。一部、もう直ぐ開花しそうな鉢もあります。それからカトレアも少し早いかなと思いましたが、同時にデンドロの横に吊るしました。
・玄関の土間に雛段を置いてそこに並べて冬越えさせていたシャコバサボテンをベランダに戸外出ししました。
冬囲い外し 17.04.19 シンピジウムx13鉢に覆った特製の透明ビニールを取り外しました。花棚を覆った透明ビニール、それと低目の脚立を使って覆っていた透明ビニールで作った特製のカバーも取り外しました。取り外したビニールカバーは玄関前でタワシを掛けながら水洗いし埃を取り除いて竿に干しました。
バラ寒肥入れ 17.03.01 晴天となったので、寒肥入れをしました。庭に植えているバラx5本と芍薬x2株に寒肥料を入れました。肥料は鶏糞、燐酸・カリ肥料、苦土石灰、化学肥料をやりました。施肥の方法は木の左右にそれぞれ20x30〜40cm、深さ30cmの溝を掘りその中に肥料や苦土石灰をばら撒き、スコップで少し土を戻し十分混ぜ合わせた後、土を被せ踏んで固める。掘り出した土は、半分くらい埋め戻して十分踏んで固めてから残りを埋め戻すときれいに戻ります。寒肥を施すことによって春と秋に綺麗な花を咲かせてくれます。
バラの剪定 17.02.15 曇りの日が多い上に寒さが続いています。今日は久々に雲一点も無い快晴で寒さも緩んだので、庭の片隅に植えている5本のバラの剪定をしました(とは言っても2本は弱ってもう直ぐ枯れそう)。冬の剪定は一般的に9月秋咲き用剪定に比べ、少し強めに切り込みます。そうすると、5月の連休の頃咲きます。剪定後の切り口には癒合剤を塗りました。それと切り口は、水平より少し斜めに切ることにより、雨水の切れが良くなり腐食し難くなります。
冬囲い 16.11.26 ・シンピジウムは高い脚立を置いて脚立を覆う形に合わせて特製した透明ビニールを被せその中にビールケースx2に並べたシンピジウムを入れて冬囲いしました。この中に鉢植えのカリブリコア(3回目の越冬)や大鉢植えのセロジネ、カランコエ折鶴ランはx2プランターに入れて越冬させます。
又、ベランダに設置している花棚には、花や観葉植物、ランの苗などを並べ、透明ビニールで作ったカバーをすっぽり被せ、寒気が直接触れないようにしました。プランター植えのベコニアx4には足場用脚立を乗せ特製のビニールカバーを被せ、冬囲いしました。
デンドロデウム室内取り込み 16.11.25 明朝気温2℃の予報に急遽デンドロデウムを室内に取り込みました。9鉢を玄関土間に、6鉢を子供部屋にそれぞれ横棒を渡して吊るし置きました。去年より2鉢増えたのは妻の友達からもらった咲き終わりのデンドロ(濃紫色)を植え替えたもの。
・カトレア、オンシジウム室内取り込み
・シャコバサボテン、金の成る木室内取り込み
16.11.21 ・明日から12月中旬並みの気温に下がるとのことだったので、子供部屋に花壇を組み立てそこにカトレア、オンシジウムを取り込みました。
・同様にびっしり蕾が付いたシャコバサボテン、金の成る木は玄関の土間に花壇毎取り込みました。
鉢植えの花木、盆栽類手入れ 16.10.29 庭で育てている全部の鉢植えの枯葉、枯れ枝の切除、雑草取り、剪定など、日頃手付けずになっているのを1日掛りで手入れしました。すっきりなったような気がします。
バラの消毒 16.10.18 黒点病予防のため、「サプロール乳剤」(住友化学園芸製)を使って木本体と根元の周囲の土に散布しました。噴霧器も2011年換えたので、きれいな霧になって万弁に散布出来ました。
デンドロデウム高芽ビニールポット植え 16.09.24 高芽が大分付いたので、剥ぎ取って水苔を使ってビニールポットに植えました。活着したら自由市場に出して皆様に持ち帰ってもらおうと思っています。
ラン、鉢植えに固形肥やり 16.09.17 9月一杯でラン類は施肥止めする必要がありますので、固形肥をデンドロデウムを除くカトレア、シンピジウム、セロジネ、ギンギアナにやりました。ついでに続けて盆栽、鉢植えにもやりました。
バラの秋花用剪定 16.09.10 庭の片隅に植えている5本のバラの剪定をしました。1本は株の根元に虫が入り8月枯れてしまい結局5本に減ってしまいました。長期予報によると9<10月は高温とのことでしたが、早目に咲いてもいいと剪定しました。
春咲き用剪定に比べ、少し弱めに切り込みます。そうすると、11月の文化の日頃咲きます。剪定後の切り口には癒合剤を塗りました。,根回りに芽だし用化学肥料をまくとなおいいです。
今川河畔の桜の下草刈り 16.07.24 お盆近くになると、耕運機で今川河畔の草刈りがあります。この時、桜の苗木(15.3/17に植樹)が雑草と変らないくらいの背丈ですと、一緒に刈り取られてしまう恐れ(過去、何度も刈られた)があるので、日中の日照りを避けて早朝下草刈り作業しました。
戸外設置の鉢類に寒冷紗張り 16.07.21 北部九州は7月18日に梅雨明けし、連日ギラギラの日差しになりました。夏場になりますと、植木鉢類の植物の水やりが1日に1回では足らなくなります。植物にも暑さ対策をしてやる必要があります。それで庭の8箇所に集めて上方に寒冷紗を張りました。シンピシ゜ウムにも寒冷紗を張ってやりました。
ラン、鉢植えに固形肥やり 16.07.19 7月一杯で施肥止めするランがありますので、固形肥をデンドロデウム、カトレア、シンピジウム、セロジネ、ギンギアナにやりました。ついでに続けて盆栽にもやりました。
セッコク植え替え 16.07.03 2鉢ある内、1鉢がやなぎ芽などが出てきて藪状になったので、親株と株分けした2株、計3株にして水苔で植え替えました。花が付くと結構綺麗ですよ。
ラン類に水肥やり 16.07.03 デンドロデウム、カトレア、シンピジウム、セロジネ、ギンギアナに水肥(ハイポネックス製「洋ラン用液」をそれぞれ1000倍に薄めたもの)をやりました。
君子蘭植え替え 16.06.27 鉢植えの君子蘭x2がもう3年植え替えしていなかったため、植え替えました。3球ずつ植えたもので鉢から抜くのに本当に苦労しました。来年は花が付かないかも知れません。
バラの消毒 16.06.19 黒点病が出始めたため、「サプロール乳剤」(住友化学園芸製)を使って木本体と根元の周囲の土に散布しました。梅雨の期間中なので、完治するのは困難です。
デンドロデウム、セロジネの植え替え 16/06.05 去年妻の友人からもらった紫の花の咲くデンドロデウムが今年も沢山花を咲かせてくれました。花後根が回っていたので、植え替えました。鉢から抜くと、3株の寄せ植えになっていたので、4号鉢x3に新しい水苔で植え替えました。セロジネは30pの素焼きの浅鉢に植えたものは去年植え替えたばかりでしたが、昨冬の寒さで半分くらい腐ったので、植え替えました。ついでに別の貰っていた竹筒に植えたセロジネも根が回ったので、植え替えました。
ラン、鉢植えに固形肥やり 16.06.03 今年やっていなかった固形肥をデンドロデウム、カトレア、シンピジウム、セロジネ、ギンギアナにやりました。ついでに続けて盆栽や鉢植えの花木にもやりました。
カトレア植え替え 16.05.22 2014年植え替えて又かなりの鉢が根が廻っていたので、今回7鉢全部を植え替えました。株分は鋭敏な剪定鋏で切ると、簡単に半分に出来ます。植え替えは何れも水苔を新しいものに取り替え(手間でも古い水苔は綺麗に外す必要があります)、枯れた根を取り外しを行います。株分けしたものはビニールポットに植えて大きくなったらご近所にあげます。
今川河畔の桜の下草刈り、枝打ち 16.05.04 帰宅中の長男が加勢してくれるというので、急遽作業しました。15.3/17に植樹していた桜の苗木が周囲の雑草が伸びて気になっていましたが、草刈りしました。早く終わったので、ついでに助長枝や懐枝などの枝打ちもしました。半分くらい残したので、次の機会にやります。
デンドロデウム、戸外出し 16.04.22 玄関の土間と子供部屋に取り込んでいたデンドロデウムをイブキに横棒を渡し、デンドロデウムx13鉢を吊るしました。一部、もう直ぐ開花しそうな鉢もあります。
冬囲い外し 16.04.10 シンピジウムx13鉢に覆った特製の透明ビニールを取り外しました。花棚を覆った透明ビニール、それと低目の脚立を使って覆っていた透明ビニールで作った特製のカバーも取り外しました。取り外したビニールカバーは玄関前でタワシを掛けながら水洗いし埃を取り除いて竿に干しました。例年より10日くらい早い冬囲い外しとなりました。
バラに寒肥料施肥 16.03.15 久々の晴天となったので、寒肥入れをしました。庭に植えているバラx5本と芍薬x2株に寒肥料を入れました。肥料は鶏糞、燐酸・カリ肥料、苦土石灰、化学肥料をやりました。施肥の方法は木の左右にそれぞれ20x30〜40cm、深さ30cmの溝を掘りその中に肥料や苦土石灰をばら撒き、スコップで少し土を戻し十分混ぜ合わせた後、土を被せ踏んで固める。掘り出した土は、半分くらい埋め戻して十分踏んで固めてから残りを埋め戻すときれいに戻ります。寒肥を施すことによって春と秋に綺麗な花を咲かせてくれます。
バラの剪定 16.02.10 長期予報では暖冬とのことでしたが、次々に寒波がやって来ます。その上、曇りの日が多い上に寒さが続いています。今日は久々に雲一点も無い快晴で寒さも緩んだので、庭の片隅に植えている5本のバラの剪定をしました。冬の剪定は一般的に9月秋咲き用剪定に比べ、少し強めに切り込みます。そうすると、5月の連休の頃咲きます。剪定後の切り口には癒合剤を塗りました。それと切り口は、水平より少し斜めに切ることにより、雨水の切れが良くなり腐食し難くなります。
八景山に植樹したもみじの苗の下草刈り 16.01.07 山口・功山寺、毛利邸で拾ったモミジの種を2006年春発芽して以来、苗として生育していたものを2010,2013年に植え替え作業をしました。昨年、13本を八景山に持って行って植樹しました。今年はその下草刈りをしました。
そこは大きな雑木に囲まれた区域でシダと30p高さのササが所々生えているくらいでした。しかし昨年の台風の影響でしょう、雑木の枯れ枝が当たり一面折り重なって苗木にも覆い被さっていました。それを取り除くのに大半の時間を費やしました。13本の内、3本枯れていました。10本が大きく育って欲しいです。
水道池袂の山腹に植えた苗木の下草刈り 16.01.07 2008年に雑木林が山火事で焼けてしまったところが、焼け残った雑木の枯れ幹や雑草が繁茂して、荒れ果てていました。何とか一部でも緑化出来ないかと、2009年から2010年に掛けて家で育てていた実の生るナノミ、ヤマモモの苗木計42本を切り開いて植樹しました。
ところが2014年、梅雨の時期に植樹した地帯の池の直ぐ上からがけ崩れとなって水道局の見廻り道も決壊してしまいました。植樹をしている山腹を削って新たな道を作ったため、崖の渕に沿って植樹していた苗木が全滅してしまいました。前年に引き続いて削り取られて残った植樹場所に行き、下草刈りをしました。今年も奥の方に植えていた苗木は胸くらいまで伸びた藪に包まれながら元気に育っていました。シダやいばらや蔓が複雑にからんで大変な下草刈りの作業となりました。それでも苗木の足元を綺麗にしてやるとホッとしました。これで育ちが良くなると思います。残った苗木はナノミx14本、山椿x3本、山モモx2本です。



四国遍路  ウォーキング&登山  旅&ドライブ  談話室  リンク  趣味の欄

トップページに戻る It returns to the top page.